偏西風の季節変化
偏西風とは,中緯度の上空を西から東に向かって吹く風のこと。地球の自転と,低緯度側と高緯度側の温度差という2つの力を原動力として吹く。

対流圏の空気は,低緯度側の方が暖かく膨張しているため,同じ200hPaの気圧面の高さが低緯度側と高緯度側で異なる。ここに働く気圧傾度力が偏西風の原動力となるため,冬季には低緯度側を吹き,夏季には高緯度側に移動する。

気圧傾度力が同じなら,高気圧の周りに時計回りに吹く風の方が,低気圧の周りに反時計回りに吹く風よりも強い風となるため,偏西風が南に蛇行した所の西側では,空気が滞留して地表付近では高気圧が発達しやすい。逆に,東側では,吹き出る風の方が速いので空気が足りなくなり,その下の地表では低気圧が発達しやすい。

Weather and Climate Dataからダウンロードしたデータをアニメーション表示しています。

2023年2月

2023年4月

2023年6月

2023年8月

2023年10月

2023年12月

2022年2月

2022年4月

2022年6月

2022年8月

2022年10月

2022年12月

2021年2月

2021年4月

2021年6月

2021年8月

2021年10月

2021年12月

2020年2月

2020年4月

2020年6月

2020年8月

2020年10月

2020年12月

2019年2月

2019年4月

2019年6月

2019年8月

2019年10月

2019年12月

2018年2月

2018年4月

2018年6月

2018年8月

2018年10月

2018年12月

ホームに戻る